◆ クリアネオの値段は高い?安い?

それでは、続いてクリアネオの商品単価について、実際に他の商品と比較すると高いのかそれとも安いのか?
購入しやすいのか?について見ていきましょう。

 

<クリアネオの購入価格について>
・単品購入価格:5,980円
・定期コース購入価格:4,980円

 

まず、クリアネオの購入価格は、このような値段になっています。定期コースになると、1000円程少しお安く購入することができ、毎月定期的にクリアネオが届く仕組みのことを言います。

 

その他社のデオドラント製品で上位にランキングしている商品には、「ノアンデ」「ラポマイン」「デオプラスラボ」があります。

 

<他社デオドランド製品の購入単価について>
・ノアンデ:9,288円
・ラポマイン:8,560円
・デオプラスラボ:7,980円

 

このように、他社のデオトランド商品と比較しても非常に安い価格で販売されています。ぜひお値段の比較で判断されるのであれば、クリアネオの単品価格は非常にお買い得といえます。

 

<クリアネオを最安値で購入するには?>
クリアネオを最安値で購入するには、やはり公式通販サイトからの購入が一番最安値となっています。格安でクリアネオを購入したいというかたの為にもAmazon、楽天、ヤフーなど色々なネットショップを探しましたが、やはり公式通販サイトの価格が一番最安値となります。

 

◆ クリアネオの定期便はお得?

それでは、実際にクリアネオの定期コースの販売価格はお買い得に購入することができるのでしょうか?その単価について他社と比較しながら、見ていきましょう。

 

<クリアネオの定期コース販売価格について>
・定期コース販売価格:4,980円

 

定期便コースによる購入をお選び頂くと、クリアネオ商品を一度注文すると、毎月お得にお客様のもとへ届けてくれるうれしいシステムとなっています。又その他にもお得で便利な定期便コースのみだけのメリットをいくつかご紹介していきましょう。

 

<定期便がお得なメリットとは>
・定期便最大25%OFF
・全額永久返金保証あり
・送料無料
・毎月届くうれしい特典あり
・都合に合わせてお届け

 

又従来のクリアネオ商品では、2回以上の定期購入が必須で、それ以降でないと解約できませんでしたが、現在では定期便の回数制限を撤廃しています。
1回目から解約可能になっていますので、非常に顧客からの人気の高まっています。
ぜひお得な定期便をご利用ください。

 

同じ商品を購入するのであれば、クリアネオの定期便である割引が適用されている25%OFFの特別価格で購入ができます。
又クリアネオの定期便では、永久返金保証制度を適用しており、初めてご利用になられるお客様に安心してご利用頂くためにも無期限の保証を設けいます。
商品に自身をもっているからこその制度です。

 

単品購入価格では、送料や代引き手数料が発生しますが、定期便の場合には送料が無料になります。

 

又クリアネオの定期便には、定期便限定の嬉しい特典がついてきます。

 

<特典とは>
・ニオイケアグッズ
・ピーリングジェル
・その他

 

定期便の回数に応じて様々なケアグッズをお届けしてくれます。そして、定期便でありながら、お届け日やお届けコースは自由に変更することが可能で、その都度承ってくれます。定期お届けコースにお申込みさえしていれば、いつでも割引のきいたお得なお値段で商品の受け取りができるようになっています。

 

 

◆ クリアネオは購入するべきか

クリアネオを購入するべきか、そうでないかについてその本質について、様々な多くのクチコミを含めて解説していきましょう。

 

購入すべきかどうかを判断するのは、あなた本人次第です。そのためにも、商品正しい情報をしっかり集めましょう!そんなあなたに少しだけアドバイス。

 

このクリアネオの商品は、アルコールでかぶれてしまうというクチコミも、特定の敏感肌の方にそうした症状が現れるケースがあります。
しかし、そうした症状が出るのは全ての方に発症されるわけではありません。まず商品の値段とその商品の効果の本質をまず見抜きましょう。
そして、きちんと返金制度が導入されていたり、商品の人気ランキング等をある程度把握した上で、お試しコースを利用していくことが大切です。

 

クリアネオの商品の特徴は、下記のような特徴があります。

 

<クリアネオ商品の特徴として>
・購入金額が安い
・効果に対する実績が他社品と比較して大きな差がない点
・安全性への配慮
・返金制度や特典制度が整ってきている点

 

これらの観点から、購入をご検討しても全く問題ない商品と言えます。しかし、身体への相性は、使用してみなくてはわかりません。
必ずお試しコース等を十分に活用しながら、本格的な購入を決定していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆Lクリアネオはクリーム?
クリアネオは、どこにでも塗れる肌ざわりの良い柔らかい感じのクリームです。伸びの良いクリームです。通常のハンドクリームを塗るのと同様な感じがします。白色のクリームですが、塗りこむことで、すぐに馴染みます。

 

1回の使用量に関しても、非常に伸びが良いので、指先にのせるくらいの微量で十分です。この量で片脇、片足くらいは十分に使用できます。これを4〜5回分くらい出して、両脇と両足に塗ります。かなり伸びの良いクリームですので、思った以上に少量で塗ることができます。

 

◆◆Mクリアネオの臭いは?
クリアネオ自体の香りは、ユーカリの香りを採用しています。
制汗剤やわきがクリームにありがちな、臭いの強いデオドランド商品とは異なり、とても高級感のある香りクリームになっています。
無臭のクリームに近いのでストレスなく使用することができます。
少々薬用クリームのような香りがありますが、それ以外は、ほぼ無臭で制汗・消臭に勝負しているので、フレグランスのような強い香りが苦手な方にもおすすめの商品となっています。

 

 

 

◆◆Oクリアネオ以外の商品で効果のあるのは?

 

デオドランド商品には、クリアネオ以外にも様々な商品が存在します。そんなクリアネオ以外の商品についてもいくつかご紹介していきましょう。

 

<クリアネオ以外の商品について>
・ノアンデ
・デオプラスラボ
・ラポマイン
・デトラントα

 

1.<ノアンデの特徴>
通常価格:9,822円

 

48時間後のブドウ球菌の繁殖を100%抑えられる「高い殺菌力」をもっているのがノアンデです。ただ、それでも口コミなどを見ていると効果を感じない人が一定数いるので使用の際にポイントがあるのかもしれません。ノアンデについてもクリアネオ同様に天然成分がメインのワキガクリームなのでデリケートゾーンにも安心して使うことができます。

 

2.<デオプラスラボの特徴>
通常価格:7,980円

 

無添加・無香料・無着色のワキガクリームです。通常価格・定期価格共に1位のクリアネオ・2位のノアンデよりも高く続けるにはちょっと抵抗がある商品です。見た目はハンドクリームのような見た目なのでバッグに入れていてもあまり人目を気にすることなく持ち運べます。

 

3.<ラポマインの特徴>
通常価格:9,224円

 

ラポマインは保湿に優れたワキガクリームです。自己処理によって黒ずんでしまったワキにも効果が期待できますが、ランキング上位の商品と比べると汗に弱く、即効性も低いです。「抑毛効果」も書かれていますが、イソフラボンについては脱毛予防の効果も期待されています。

 

4.<デトラントαの特徴>
通常価格:4,800円

 

デンマーク生まれのワキガクリーム商品の一つです。無香料で、初回こそ2,900円で購入できますが、通常価格は4,800円で、成分にアルミニウムが含まれているのが少し気になりますが、消臭・殺菌効果は、同等の効果が期待されています

 

 

◆◆Qクリアネオの制汗は?
クリアネオの制汗効果は、実際どうなのか?その理由は、下記にあります。

 

<クリアネオの制汗効果を促す成分>
・パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

一般的な制汗スプレーというのが存在しますが、ほとんど冷やす事で汗を抑制しているだけで、香料で臭いをカモフラージュしているものが非常に多いですが、その点クリアネオの場合は、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という有効成分が含まれているため、汗に含まれるタンパク質と反応する事で、汗腺の出口を塞ぐことで、汗や皮脂の分泌自体を抑制する作用があるのです。これによって汗の分泌量を抑えて常在菌の繁殖を抑制することでその効果を促すことが目的となっています。

 

◆◆Rクリアネオの消臭は?
続いて、クリアネオの消臭効果がについて解説しておきましょう。
そして、クリアネオの有効成分の柱として注目されている成分が、「イソプロピルメチルフェノール」による殺菌作用です。

 

<クリアネオの消臭効果を生み出す成分とは>
・イソプロピルメチルフェノール
・カキタンニン

 

 

この成分は、より殺菌作用が必要なニキビ製品にも含まれている成分ですが、ただ、これだけで臭いを抑えようとすると効果が強すぎるため肌荒れの原因になり、皮膚上の常在菌もいなくなり、臭いが逆に強く出てしまいます。

 

そのため、抑臭に非常に効果的なカキタンニン(柿渋エキス)という有効成分も含まれています。この臭い対策として殺菌効果と抑臭効果を生み出すことで無臭にする効果が期待されています。

 

◆◆Sクリアネオの保証(返金)は?
わきがを強力消臭してくれるクリアネオ。しかしその効果は人によっても差がでてきます。実際に使用してみても、その効果をなかなか実感できない人も。そんな方のために、返金・返品制度が整っています。そんなお悩みの方は、いったいどうしたらいいのでしょうか?

 

そんなお悩みの方は、クリアネオの返品・返金制度や退会・解約方法についてご紹介していきましょう。

 

<返金保証制度について>
・永久返金保証制度の採用
・永久返金保証制度は定期購入の方のみ
・単品購入の場合、30日間返金制度の採用

 

せっかく買っても効果が感じられなかった場合、高い金額を出して購入したものを返品したい。そんな時に力を発揮してくれるのが、このクリアネオの返金保証制度。しかもクリアネオはただの返金保証制度ではなくて、「永久返金保証制度」を採用しています。

 

期限に関係なく、いつでも返金してもらえますので、嬉しいシステムになっています。。但し、このクリアネオの返金制度には、一つだけ注意点があります。

 

それは、永久返金保証制度が有効なのは、定期購入の場合のみになります。単品購入の時は、永久返金保証制度はなくて、30日間のみの返金保証制度となります。30日間あれば効果のほどはわかると思いますが、30日過ぎてしまうと返金に応じてもらえないため注意しておきましょう。

 

<クリアネオの定期コース解約方法について>
・きちんと連絡すれば、すぐに解約できる点
・定期コースは解約手続きをしないとずっと届く

 

クリアネオの単品購入の場合は、特に入会する必要はなく、解約手続きなど面倒なことはありません。しかし、定期コースで購入すると定期コースを解約しない限り永遠と商品が毎月届いてきます。万が一定期コースで満足いかなかったという方は、定期コースを解約する必要があります。

 

従来のシステムでは、定期便の解約方法は、購入後2回目以降から解約可能で、初回の2本は必ず受け取らなければいけませんでしたが、現在は、システムが改定され、きちんとした連絡をすれば、すぐに解約ができるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

◆体臭について
@ワキガ
体臭と言えば、ワキガが気になりますよね〜。実はワキガも汗の臭いが原因なんです。通常の運動等によって出る汗は、全身に分布しているエクリン汗腺という部分から汗が出てきます。この汗は、99パーセントが水分で、残りは塩分などのミネラルや乳酸等成分なんです。これに対して、ワキガの原因となる汗は、ワキなどに存在する「アポクリン汗腺」から出る汗が原因でおこります。アポクリン汗腺から出る汗は、白い乳白色をしており、脂質やタンパク質が多く含まれています。ワキの皮膚や脇毛に存在する雑菌が分解することによって、ワキガが発生してしまうのです。このように、ワキガが起こる原因には、この2つの汗腺である

 

・エクリン汗腺
・アポクリン汗腺

 

が2つの分泌が起こる中で、アポクリン汗腺の分泌が過剰になることで、起こっていたのです。

 

Aすそワキガ
続いて、すそワキガという体臭について解説していきましょう。皆様は、「すそわきが」をご存知ですか?

 

<すそワキガとは>
陰部からわきが臭を発する体臭のこと

 

をいいます。それでは、この特徴を詳しく解説していきましょう。
アポクリン汗腺が、ワキだけでなく陰部や乳輪などにも存在し、ワキガと同じような悪臭を放つことがあります。この陰部からの悪臭のことを「外陰部臭症」といい、通称「すそワキガ」と呼ばれているのです。根本的にはワキガと同じものであり、この症状が、外陰部にあるアポクリン汗腺から出る悪臭がこう呼ばれているのです。すそワキガの臭いは、肉類などの動物性タンパク質や脂肪分の多い食べ物などで強くなる傾向にあります。このような食材がアポクリン汗腺を活発にするためです。人に話しにくい悩みではありますが、食生活など自分で意識できる部分を見直しながら、クリニックに相談してみることをおすすめします。

 

B加齢臭
続いて、加齢臭について解説していきましょう。先程解説したワキガ等の臭いといったいどんな点が異なるのでしょうか?

 

<加齢臭の原因とは>
・ノネナール

 

ワキガの原因は、アポクリン汗腺にありましたが、加齢臭の原因は、ノネナールという成分に原因があります。この成分は、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られる成分です。特に加齢臭が発生するのは、一般的に40歳を超えた中高年の男女に多く見受けられ、男性から発する臭いというイメージがありますが、決して女性には、臭わないというわけではありません。40代前後になると、このパルミトオレイン酸、過酸化物質共に増加するため、加齢臭が起りやすくなります。

 

<ノネナールを増加させる原因とは>
・肉や脂肪分中心の食生活
・ストレス
・喫煙
・運動不足

 

ノネナールを増加させる原因として、お肉や脂質に多く含まれるパルミトオレイン酸を摂取することで増加してしまいます。主に牛肉やベーコン、卵、ドレッシング、フライドポテト等が挙げられます。又このパルミトオレイン酸と過酸化脂質が結合する時やストレスを感じた時、喫煙時等に現れる活性酸素によってもノネナールが増加してしまい、結果加齢臭に繋がります。常日頃から臭いがしないよう皮膚を清潔に保つことも大切なことですが、日頃から食生活を見直し、抗酸化作用のあるものを摂取し、運動をして健康的な生活を心がけることが大切です。

 

C足臭
続いて足臭について解説していきましょう。
足の臭いの主な原因は、足に繁殖してしまった雑菌にあります。足は、汗をかくことによって靴や靴下の中がムレます。この時に汗や皮膚の垢が放置されると、雑菌が増えてそれが嫌な臭いを発生するのです。ですから、日頃から足を清潔に保つことが必要です。しかしそれとは別に、毎日清潔にしていても、ストレスなどによる発汗によって、足がムレてしまう場合もあります。この精神性発汗は、緊張することで手の平に汗をかくのと同じように、足にも同じ状態が起こります。これは、緊張や不安、興奮などの精神的なことから症状が表れます。

 

こうした症状のケアは外的な対策をすることがとても重要になります。

 

<足の臭い対策法とは>
・ムレにくい靴下を選ぶ
・ストッキングの工夫
・中敷きの変更

 

足のムレを防ぐ対策として、足に直接触れる靴下の選び方がとても大切です。綿とシルクやウール等天然素材の繊維との混紡製品を選びましょう。綿100パーセントの靴下は吸収性には優れていますが、汗の発散性が低く、ムレやすいのです。そのため、吸収・発散性のバランスが良い混紡製品がオススメです。

 

ストッキングをはくときは、デオドラント効果のあるストッキングを選び、外出先では、1日2〜3回、ストッキングを履き替えることをオススメします。これにより靴の中の湿度を下げ、防臭効果が高くなります。又中敷きは、足と直接摂食する部分です。雑菌が繁殖しやすいため、なるべく豆に変更するように心がけましょう。

 

 

Dその他の体臭(体毛臭について)
身体の臭いを発する症状は、その他にも存在します。その体臭が存在する原因をご紹介しておきましょう。

 

<その他体臭の原因について>
・体毛
・女性ホルモンの影響
・ダイエット
・更年期

 

体のムダ毛が多いと、体臭の状況はさらに悪化します。肌に汗や皮脂が付着するということは、当然ですがムダ毛にも汗や皮脂は付着します。ムダ毛が濃ければ濃いほど、汗や皮脂の量が増える分、細菌の数も増えることになって、細菌が増えた分体臭もひどくなります。これが、体毛が濃いと体臭もひどくなる理由です。

 

又女性の臭いは、女性ホルモンやダイエット、貧血等様々な原因によっても発生します。女性ホルモンは、汗腺や皮脂腺の働きをコントロールしています。生理前は、女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になり、皮脂腺に脂が詰まるため、それが酸化して臭ってしまうのです。それに加え生理中は、経血やナプキン、外陰部の汗で下着が蒸れ、雑菌が繁殖して臭いの原因になりますので、シャワーなどで清潔に保ちましょう。また生理中は、ナプキンやタンポンを少なくとも3時間を目安にこまめに取り替えてください。下着は、綿やシルクなどの通気性のよい下着がオススメです。

 

更年期の症状として、のぼせやほてり、発汗などの症状が突然出てしまう症状です。自律神経のバランスが崩れて汗をかくと、アンモニア臭がすることがあります。こういった体臭を予防するには、半身浴などでゆっくりとお風呂につかり血行をよくすることも効果的です。

 

◆ニオイケアの色々
ニオイケアの対策方法には、防臭剤や防汗剤、手術等様々な方法があります。そんな気になる臭いの様々なケア方法について解説していきましょう!

 

@防汗・防臭剤
夏場は特に汗や汗臭いが気になりますよね〜。防臭剤や防汗剤それぞれ機能が異なります。汗の対策には、防汗剤を使用し、臭い対策には、臭い対策であるデオドラント剤を使用しましょう。それでは、これらは、いったいどのように違いがあるのか解説していきましょう。

 

<防汗剤と防臭剤の違い>
主に制汗剤は、汗対策に、デオドラント剤は、臭い対策に使用されます。

 

1.防汗剤とは
防汗剤は、その中の収斂作用がある成分によって物理的に止汗し、酸化チタンパウダー等の汗を吸収する成分によって汗のベタつきなどを抑える働きを持っているものが多いです。つまり、制汗作用と吸収作用があり汗の量を抑える効果が期待できます。

 

2.防臭剤とは
防臭剤は、デオドラント剤とも言われ、汗というよりは臭いを抑える働きを前面に押し出した商品です。殺菌作用のある成分、酸化亜鉛やイソプロピルメチルフェノール、トリクロサン、トリクロカルバン、銀イオン、緑茶エキス、柿渋などの殺菌成分によって、脇汗が雑菌と結びついて分解されるのを防ぐことによって臭いを軽減させることができるものを指します。

 

汗の量に悩む方は、同時に臭いに悩んでいる方も多く、ここ近年では、防汗剤とデオドラント剤がセットになったような商品も数多く見られます。効果の現れ方やその人に合うかどうかは、実際にしばらく試してみないとわからないので、まずは制汗剤で試してみて、だめだったらデオドラント成分入りの制汗剤を試してみるな等、色々試してみるといいでしょう。

 

A手術
身体の至る所から出る臭い、こうした防汗剤や防臭剤等を使用してもその効果が全く得られないこともあります。そんな時のニオイケアの方法のもう一つとして挙げられるのが、手術です。体臭をケアするためには、その身体の部位によっても様々な手術方法があります。その手術方法をいくつかご紹介していきましょう。

 

<ワキガの手術方法>
1.直視下手術法
・剪除法(せんじょほう)

 

2.非直視下手術法
・皮下組織吸引法
・超音波吸引法
・皮下組織削除法

 

<すそワキガの手術方法>
・皮下組織削除法
・超音波吸引法

 

又すそワキガにおける手術方法は、主に切開手術しかなく、その他の手術方法は確立されていません。大きく分けると下記2つの手術が一般的です。

 

<防汗の手術方法>
・ボトックス注射
・ETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)

 

防汗の手術方法として、上記2つの方法が確立されています。主に、手のひら、足の裏、ワキ、額等に有効な手術方法として利用されています。

 

このような方法を用いて手術をすることで、ニオイのケアを行うことができます。これらの詳しい手術内容は、後程解説していきましょう。

 

Bその他
今では、防臭剤・防汗剤には、様々な種類の商品が存在します。肌の臭いは、人の生活習慣によっても異なりますので、自分にあった防臭剤・防汗剤を、正しく使うようにしましょう。防汗剤や防臭剤は、大きく6つのタイプの商品が存在します。

 

<商品タイプ>
・パウダースプレータイプ
・ローションタイプ
・シートタイプ
・ロールオンタイプ
・スティックタイプ
・クリームタイプ

 

1.パウダー型は、気になった時にいつでも手軽に使用できます。使用時にひんやりとした爽快感があり、さらっとした感触が長続きします。スプレーの吹き付ける空気は冷たく、冷却効果があるため、体感温度が下がります。

 

2.ローションタイプ
適量を手にとって気になる箇所に直接パッティングします。清涼感が心地よい使用感をあたえてくれます。豪快にバシャバシャと使用して効果を実感したい場合に向いています。

 

3.シートタイプ
汗のベタつきやニオイの元となる雑菌を直接ふき取ることができ、さっぱりできます。ひんやりした使い心地で、体温が下がります。

 

4.ロールオンタイプ
お肌にコロコロと転がすだけで、手を汚さずカンタンに塗ることができます。液を直接肌に塗りつけるため、成分が浸透しやすく、効果が出やすくなっています。しっかり制汗、防臭したいときや、パウダーの粉舞いが苦手な人に適しています。清涼感がないので、メントールが苦手な方や冬場の使用にも向いています。

 

5.スティックタイプ
スティックを繰り出して使うため、手を汚さずに塗ることができます。直接肌に塗りつけるため、成分が浸透しやすく、効果が出やすくなっています。しっかり制汗、防臭したいときや、パウダーの粉舞いが苦手な人に適しています。清涼感がないので、メントールが苦手な方や冬場の使用にも向いています。

 

6.クリームタイプ
直接肌に塗りつけるため、成分が浸透しやすく、効果が出やすくなっています。しっかり制汗、防臭したいときや、パウダーの粉舞いが苦手な人に適しています。ワキガの人は殺菌抗菌力のあるクリームタイプのものを選びましょう。清涼感がないので、メントールが苦手な方や冬場の使用にも向いています。汗がダラダラと流れている状況では、すぐに流れ落ちてしまうので不向きです。手を汚したくない時には向いていません。

 

◆デオドラント商品とその効果
@抑臭剤
抑臭対策に効果的なデオドラント商品をいくつかご紹介しておきましょう。汗のいやな臭いを目立たなくさせるには、下のような方法が効果的です。

 

<抑臭剤として効果的な商品とは>
・NaCl
・クエン酸
・オロナイン
・石鹸
・デオドラント商品

 

NaClは、「塩化ナトリウム液」という名称で市販されています。肌が弱い方は多めの水で薄めるか、塩化ナトリウムを含んだデオドラント製品を使うと良いでしょう。又お酢は、クエン酸を主成分とする調味料です。クエン酸は、体内に入ると効率的に代謝を行う物質であり、クエン酸を摂取することで臭いの少ないきれいな汗がかけると言われています。オロナインは、皮膚病を治療する塗り薬ですが、特別わきがに効くという根拠はありません。しかし、主成分である「クロルヘキシジングルコン酸塩液」がわきに繁殖する雑菌を消毒するので、その効果によって臭いの原因菌が抑えられます。

 

毎日の入浴に使う石鹸及びボディソープは、わきがの原因となる汗や老廃物、皮脂、雑菌をきれいに洗い流してくれます。わきがで悩んでいる方は、ワキとその周りをいつも清潔にしておくことが大切です。ただし、汗や雑菌を落とそうとしてゴシゴシと擦ると、皮膚に必要な潤いまで根こそぎ奪ってしまい、皮脂が余分に分泌されて、臭いがさらに悪化する可能性も。洗い過ぎや力加減には注意が必要です。

 

そしてもう一つがデオドラント商品のクリアネオ(防臭クリーム)です。こちらの商品は、抑臭試験をリリース化学工業鰍ノて、定期的に行い、わずか30分でその抑臭効果が発揮されるとても効果が高い商品です。ワキガの人が一番使用したい人気No1商品となっており、本当に臭いを抑えられる魅力溢れる商品なんです。

 

A防臭剤
ワキガ体質の人の腋には、コリネバクテリウム属のジフテロイド菌が特異的に多く、この菌から排出されるジメチルジクラソンやカプリン酸等の刺激的な成分が「ワキガ臭」となって検出されるのです。臭いがひどい重度の方は、このジフテロイド菌をどれだけ殺菌できるか、大きなポイントになります。ジフテロイド菌に効果的な防臭効果があるものにはどんな成分や防臭剤が存在するのでしょうか?

 

<防臭剤として効果的な成分とは>
1.重度の場合
・塩化ベンザルコニウム
・イソプロピルメチルフェノール

 

2.軽度〜中度の場合
・ミョウバン水
・デオナチュレ
・Ag+

 

<防臭剤として効果的な商品とは>
・殺菌効果のある石鹸
・クレンジングオイル
・清潔なタオル
・洗濯除菌
・デオドラント商品

 

殺菌効果のあるボディソープを使って脇を丁寧に洗いましょう。中度から重度の人の場合、入浴後に感じるワキ臭がなくなるので効果の程がわかりやすいかも時間があるなら泡パックがおすすめです。又クレンジングオイルは、毛穴の奥の汚れまで取れるので、落としきれなかったデオドラントが残って悪臭に繋がる原因を防げます。洗濯に関しても殺菌効果のある洗剤を使用し、タオルも清潔なものを使用するようにしましょう。

 

そしてもう一つ、デオドラント商品の中でもオススメなのが、クリアネオ(防臭クリーム)です。こちらの商品は、細かな殺菌検査を実施しており、防臭効果や殺菌効果が99.99%以上と実証された非常に効力の高い商品です。汗と臭いの両方気になる方は、ぜひ一度試してみてください。

 

B防汗剤
防汗剤は、主に脇汗が多いことに対して気にする方にオススメですが、近年防汗と防臭するタイプの両方の効果がある商品が非常に増えてきています。そんなデオドラント商品の中でもおススメなのが、クリアネオ等の防汗クリームです。 暑い日でも対応できるほか、汗をかいても臭わないのが特徴。 朝塗れば、夜まで効果が持続します。無添加で保湿成分が含まれていますので、肌に優しく子供でも使用できます。

 

<防汗剤のタイプによる比較>
防汗剤は、大きく分けて、次の4つのタイプがあります。
・スプレー配合
・ロールオン
・スティック
・クリーム

 

<防臭・防汗効果の高い順>
1.クリーム
2.スティック
3.ロールオン
4.クリームスプレー

 

この順に、防臭効果や防汗効果が高くなっていきます。 脇汗が多いケースや、脇の臭いが強い場合は、スティックタイプかクリームタイプがおすすめです。白く残りやすかったり、服にクリームが付いてしまったりといったデメリットもありますが、クリアネオの効果は、殺菌効果のある有効成分イソプロピメチルフェノールが配合されており、同時に菌の原因となる汗を抑える有効成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。殺菌効果ばかりと思いきや、なんと防汗効果のある成分も配合されていますので、ダブルでケアができるのもこの商品の魅力でもあります。

 

C殺菌剤
デオドラント商品には、殺菌効果が高いものと、制汗効果が高いものに分かれます。多くの人がデオドラントといえばスプレータイプの物を思い浮かべると思います。ドラッグストアなどでも多くの種類のデオドラントがありますが、スプレータイプ以外にもクリーム、ジェル、リキッド、ロールオンやスティック、シートなど、多くのデオドラントタイプが存在します。大きく分けて、

 

・直塗りタイプ
・スプレータイプ

 

直塗りタイプは、直接塗ることにより4つのメリットがあります。

 

<直塗りタイプの4つ効果とは>
・殺菌力が高い
・汗に流れにくい
・持続時間が長い
・制汗力が強い

 

このような4つの効果があり、スプレータイプよりも消臭効果が高いようです。今までスプレータイプを使っている人で、臭いが気になっている人は、直塗りタイプを使用することをオススメします。自分の体臭に合わせて使い分けるようにしましょう。特に臭いが強い人は殺菌タイプを使用するようにしましょう。臭いは、皮膚の常在菌により、汗に含まれる不純物が分解されることで発生します。

 

銀イオンなどを用いた殺菌タイプは、ニオイを抑える効果が強いのですが、必要な耐性菌までも消してしまうため、皮脂膜が弱くなり、悪い菌が繁殖する可能性があります。また使いすぎることで、細菌に耐性がついてしまい、効かなくなってしまうこともあります。 悪い細菌が増えてしまうと、余計体臭がキツくなってしまうため、あまり殺菌タイプのデオドラント剤を使いすぎると、体臭がキツくなると言われているのはこのためです。

 

こうしたデオドラント商品の中でも「クリアネオ」は、身体にいる常在菌を殺さずに防臭対策としても殺菌効果が高い商品の一つです。殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノールで徹底殺菌に加えて7種類の天然植物由来のエキスが配合されています。

 

<7つの天然植物由来エキス>
・柿渋エキス
・セージエキス
・シャクヤクエキス
・アマチャエキス
・ユキノシタエキス
・海藻エキス
・ドクダミエキス

 

これらの成分が、殺菌効果をもたらし、悪臭の臭いをブロックしてくれます。

 

 

Dその他のデオドラント商品
不快なニオイは、汗をかかないことには起こらないので、当然と言えるのですが、それほど汗はかかないけれどニオイが気になる、という方が作用の強い制汗剤を使う必要はないわけですから、その場合はニオイの元を断つデオドラント効果に優れた商品を選ぶ方がよいでしょう。そんなニオイを抑える働きに優れた効果的なデオドラント商品をいくつかご紹介しておきましょう!

 

<デオドラントのその他おススメ商品>
・スマートデオ マジッククリーム
・デオドラントクリーム
・デオドラント職人
・ラポマイン
・海露
・Ban ロールオン

 

このように、様々なタイプのデオドラント商品が存在します。どれも非常に効果が高く人気のある商品ですが、なんといっても一番のオススメが、クリアネオ(防臭クリーム)です。こちらの商品は、特に、無添加無香料で、抑臭効果や殺菌効果をWで実現。両方から働きかけ、臭いを元からブロックしてくれます。

 

◆手術について
@ワキガの手術
ワキガの手術は原因となるアポクリン腺をはじめエクリン腺、皮脂腺を除去することでにおいの元はもちろん、影響を与える要因にまでアプローチできるのが大きな特徴です。効果が持続するという点からも有効的で、軽い症状から重い症状まで幅広く対応できる治療と言えます。
手術にはいくつか種類があり、ドクター自身の目で部位を見ながら行う「直視下手術法」と、部位を見ずに機械を使って行う「非直視下手術法」に大きく分けられます。

 

<ワキガの手術方法>
1.直視下手術法
・剪除法(せんじょほう)

 

2.非直視下手術法
・皮下組織吸引法
・超音波吸引法
・皮下組織削除法

 

それでは細かい手術方法について解説していきましょう。

 

1.剪除法
直視下手術法の「剪除法」は、現在最も多くの病院で行われ、効果の出方が比較的安定している手術です。剪除法は、ワキの下を3〜5cmほど切開し、皮膚を裏返すと粒状に並んだアポクリン腺が現れます。その一つ一つを目で確認しながら取り除いていく方法です。アポクリン腺を確実に除去できるというメリットがある一方で、およそ片側15〜20分程度で終わります。他の手術に比べて傷跡の長さが長いというデメリットがありますので縫合技術の高い医師を選ぶ方が良いでしょう。入院の必要はありませんが、傷口が落ち着くまでガーゼ固定などが必要です。また、ワキ毛が減少するという特徴があります。

 

2.非直視下手術法
非直視下手術法は、術後の傷あとを考慮している治療法です。上記説明の通り3つの治療法があります。

 

2-1.皮下組織吸引法

 

皮下組織吸引法は、美容クリニックで行っている脂肪吸引です。ワキの下に1cmほどの穴を開け、そこから細い管を通してアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などをかき出しながら吸い取ります。小さな穴を開けるだけなので傷口は目立たなく、剪除法より広い範囲にアプローチできるというメリットがあります。しかしアポクリン腺は直視下手術よりも残ることがあり、また根の部分が残っていると再発する可能性があります。

 

2-2.超音波吸引法
皮下組織吸引法をベースにして改良された手術です。カニューレでかき取る変わりに超音波を発生させ、その熱でアポクリン腺をはじめとする汗腺を破壊しながら吸引します。皮下組織吸引法より効果が高いですが、全てのアポクリン腺を取り除くことは難しいといわれています。

 

2-3.皮下組織削除法
カミソリの刃と皮膚を押さえるローラーを組み合わせた専用器具を使うのが特徴です。ワキの下を1cmほど切開し、皮膚の表面をローラーで転がしながらカミソリ部分で皮下組織ごと削り、アポクリン腺やエクリン腺を除去します。傷口が小さいながらも高い効果を期待できますが、術後はワキを1週間程固定する必要があり、回復するまで時間がかかります。

 

 

ワキガの手術は、様々な方法があり、費用や方法も病院によって異なる上にメリットとデメリットがあります。どの手術も共通してドクターの腕と経験が効果を大きく左右するといっても過言ではないくらい重要です。手術を受ける以上、身体への負担はゼロではありません。費用も決して安いものではありません。だからこそ、その手術が症状にとって最善の方法かどうかや自分に合っているか、又信頼できるドクターかどうか等見極めるためにも、事前のカウンセリングにおいて重要なポイントになります。

 

 

Aすそワキガの手術
すそわきがを完治させたい場合は、手術も選択肢のひとつです。すそわきがの手術方法や効果、及びデメリットについて詳しくお伝えしていきましょう。すそワキガにおける手術方法は、主に切開手術しかなく、その他の手術方法は確立されていません。大きく分けると下記2つの手術が一般的です。ワキのわきがには、剪除法手術など様々な手術方法が確立されていますが、陰部のすそわきがには対応されていませんでした。すそわきがの切開手術は、近年、技術の向上により、すそわきがも手術が可能となっています。その主な方法をご紹介します。

 

<すそワキガの手術方法>
・皮下組織削除法
・超音波吸引法

 

皮下組織削除法は、皮膚を切開して、ニオイの根本であるアポクリン汗腺を切除する方法です。皮膚を数cm切開した後、専用のローラーを皮膚表面に転がして、皮膚の裏側に粒状に並んでいるアポクリン汗腺をカミソリのような器具で切除します。医師が目で見て確認しながら取り除いていきます。手術後は、1週間ほど患部を固定します。効果が高いだけでなく、傷口が小さくすむのもメリットとされています。

 

又超音波吸引法は、超音波メスで行う手術方法です。陰毛が生えているお腹の辺り左右から5mmほど切り込みを入れ、そこから超音波メスを挿入して動かしていきます。超音波により発生した熱でアポクリン汗腺を破壊し、吸引します。皮下組織削除法よりも安価なのが魅力とされています。

 

<すそワキガの手術のデメリット>
・切開によるダメージも大きい
・アポクリン汗腺を取りきれない可能性も

 

このように、せっかく手術をしてもアポクリン汗腺が取りきれなかったり、皮膚にダメージを与えてしまう場合があります。このようなことから、切開手術を勧めなかったり、行わない医院も多いようです。どうしても手術を受けたい場合は別ですが、まずは皮膚にメスを入れない治療法を検討してみてはいかがでしょうか。

 

B防汗の手術

 

<防汗の手術方法>
・ボトックス注射
・ETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)

 

1.ボトックス注射
ボトックス注射は、ボツリヌス療法とも呼ばれます。ボトックス注射は、メスを使わずに処置できる治療法です。手軽で手を出しやすいですが、効果は短くて3か月、長くても1年ほどしか持続しません。汗腺を衰えさせるボツリヌストキシンを多汗が気になる箇所に直接注射し、 施術時間は病院にもよりますが15分程度と短く、術後から日常生活へ戻ることができます。

 

<ボトックス注射のメリット>
・短い時間で処置が可能
・メスを不使用なため傷跡が残らない
・副作用がほとんどない

 

2.ETS
ETSは、手のひらの多汗症に効果がある手術法です。 働きすぎて大量に発汗する交感神経を切り取ったり焼いたりして停止させます。 汗をかく神経がなくなるので、多汗どころか汗自体がぴたっと収まります。 ETSでは、脇の下に数ミリの穴をあけ、内視鏡(カメラのついた細い管)を入れます。カメラの映像で状況を確認しつつ、交感神経の束を見つけて切断します。 手術自体は簡単で、順調にいけば30分程度で終わります。病院によっては日帰りで終わるところもあるようです。

 

<ETSのメリット>
・手術時間が短く、日帰り手術が可能
・傷口が小さく痛みが少ない

 

<ETSのデメリット>
ETSの副作用は、代償性発汗になると、手のひらからの汗がでなくなる代わりに、顔や頭など他の場所から出る汗が多くなることがあります。この代償性発汗は、96%の人に生じるとされていますが、個人差があるので気になるかならないかは手術してみないとわかりませんというデメリットがあります。

 

C手術の費用・保険は?
防臭対策やワキガ等における手術においてどのくらいの費用がかかるのでしょうか?又こうした手術自体に保険は適用となるのでしょうか?これらの基準について解説していきましょう。

 

<ワキガ手術の保険適用条件について>
・ワキガ手術を保険診療で対応している病院
・ワキガの症状がみられること
・剪除法での手術

 

保険適用となるための条件として、 まず第一にワキガ手術に保険対応している病院でないと保険適用にて手術を受けることができません。保険診療を行っているかどうかは、事前に調べることができますので、事前に確認するようにしましょう。

 

又ワキガは、ニオイの問題です。ニオイが強いかどうかは、嗅いで確認していきます。わきにガーゼを一定時間はさんで、それを医師が実際に嗅いで確認します。保険適用となるかどうかは、医師がそのニオイをわきがと判断するかどうかの診察によって決まります。 客観性を保つために、医師以外のスタッフにも確認させることがあります。ニオイを嗅げば、わきがであるかどうかは、ほぼ分かりますし、そのわきがが、保険適用のレベルに該当するかどうかが、保険適用のポイントになります。そのクリニックの医師の主観により判断されます。

 

<診断内容について>
・脇部分に黄ばみがあるか?
・日常生活に支障があるか?
・両親はワキガ体質か?
・耳垢の湿り具合はどうか?

 

こうした診断内容を判断した上で保険適用可否、そして手術の有無が決定されていきます。
手術をする際には、「剪除法」や「吸引法」「マイクロウェーブ法」等の、保険適用の手術を選べぶことで保険適用可否が決定されます。これらにも保険は適用されます。しかし、採算性の問題から、自由診療しか認めていない病院がほとんどのようです。近年では、様々な治療・手術方法が確立され剪除法を取り扱っていない保険適用外の病院やクリニックも多くみられます。ワキガの手術をする際は、保険適用かどうかを病院に問い合わせてみましょう。

 

保険が適用されるかどうかで、費用に大きな違いが出るので、この確認は重要です。自由診療のような保険適用外であれば20〜50万円で、保険適用であれば5万円程になります。

 

1.<ワキガ手術剪除法の目安費用>
両脇手術料金:3〜4万円
消毒等のその他費用:1〜15000円
合計金額 4万〜6万

 

2.皮下組織吸引法
・費用:15万円〜

 

3.超音波吸引法
・費用:18〜30万円

 

4.皮下組織削除法
・費用:20〜40万円

 

5.<ボトックス注射の目安費用>
腋窩多汗症等のワキの下の多汗では、保険が適応されます。

 

保険適用時:3万円
自費負担:10万円

 

上記に記載した費用は目安の費用になります。その他の箇所は、保険適応外のためクリニックによって差が出てきますので、しっかり事前にヒヤリングし、目安の費用を確認することが大切になります。

 

D手術の痛み
わきが等の手術はどのくらいの痛みがあるのでしょうか?実は、わきが手術は、結構痛みを伴います。局所麻酔をして手術をするわけですが、皮膚を裏返ししてアポクリン腺を一つずつ取り除くわけなので、それなりに痛みを伴います。手術中は、麻酔が効いているのでいいのですが、麻酔をきれた後は、痛いみがあります。術後、一週間ぐらい脇にガーゼをつけて過ごすことになるそうですが、傷口が開かないように脇は、ほとんど動かせないそうです。もちろんその間の仕事も休む方も多いようです。軽いデスクワークなら問題ないようですが、車の運転や棚卸し作業なんかは難しくなります。

 

E手術後の臭いケア
ワキガ手術を受けたにも関わらず、術後もワキガの臭いに悩まれている方もいらっしゃいます。そこで、術後の臭いに悩みについての原因と対策について解説していきましょう。

 

【原因】
・アポクリン腺の再生による術後臭

 

人間には自然治癒力というものがあり、失われた部分を再生しようとする働きが備わっています。ワキガ手術でアポクリン線除去を行っても再生する可能性があります。そのため術後臭に悩まされるのです。

 

【対策】
・術後から抜糸までの1週間は、禁酒
・術後の汗剤の使用は、傷口が完治してから

 

お酒を飲むことで傷の治りが遅くなってしまう可能性があります。抜糸後からならば、お酒は少量であれば飲んでも問題ありませんができれば傷がしっかりと完治するまで飲酒は控えたほうがいいです。ワキガの傷口が完治していないのに、制汗剤やクリームを使用してしまうと傷口に大きなダメージを与えてしまいますし、かぶれやかゆみ、痛みなど様々なトラブルが起きてしまう可能性があります。制汗剤などの使用は傷口がしっかり完治してから使用しましょう。

 

F臭いは復活しないのか?
わきが手術をして臭いからさよならできると思っていたのに、又臭いが再発してしまうなんてことも。せっかく高いお金を払って傷跡まで残したのに、正直落ち込んでしまうでしょう。ここでは、そんな手術後の臭いの原因について解説していきます。わきが手術後の臭いの原因として大きく3つの理由が挙げられます。

 

<手術後の臭いの3つの原因とは>
・アポクリン腺の取り残し
・アポクリン腺の再生
・その他の部位の体臭

 

 

1.アポクリン腺の取り残し
まず一番多いのが、わきがの大元の原因であるアポクリン腺の取り残しです。わきがの手術で一般的なのは、剪除法になります。この剪除法は、医師が目視でアポクリン腺を取り除くので、確実な反面、医師の技量の差が出やすく、確認しきれず取り残されることがあります。

 

2.アポクリン腺の再生
2つ目は、アポクリン腺が再生してしまった場合。手術後はにおいが消えていたが1〜2年後に再発したような場合は、アポクリン腺が再生した可能性があります。傷が治るのと同じように、アポクリン腺は人間にとって必要な物ですから治癒してしまいます。手術前と同じレベルまで再生することは少ないですが、時間と共に確実に再生はされていきます。

 

3.他の部位の体臭が臭う
そして3つ目は、他の部位の体臭が臭っている場合です。わきがの手術後には脇のアポクリン腺がなくなった分、他のアポクリン腺から余分に汗が出るようになります。そうすると、その部位で「わきが」と同じ現象が起こり、臭いが発生してしまいます。これが術後臭です。アポクリン腺は、脇以外に陰部、胸、耳、肛門等様々な部位に存在します。

 

術後の臭いは、一時的なものではありません。中には残されたアポクリン腺から集中的に汗が出るようになり、手術前より手術後の方がにおいが強くなった方もいます。わきが手術の結果というのはこうゆうものなんです。まずはそのニオイを抑える方法を見つけていきましょう。

 

◆まとめ
そんな時のケアにオススメなのが、「クリアネオ」なのです。こちらの有効成分が抑臭効果や殺菌効果、防汗効果等様々な汗と汗の臭い対策に優れた効果をもつ商品です。

 

<クリアネオの魅力とは>
・抑臭や殺菌、防汗効果がある有効成分配合
・無添加・無香料の天然植物エキス配合
・透明感のある美肌サポート成分配合
・敏感肌や乾燥肌の方にも安心!パッチテスト済み
・全額返金の永久保証制度あり

 

上記のような効力のある成分が配合されており、肌に安心で、肌のケアをしながら、使用することができます。5000円程度の手頃な価格で始めることもでき、必要に応じてスキンケアのアドバイザーのサポートも受けることができますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。