手術によるニオイ対策

A手術
身体の至る所から出る臭い、こうした防汗剤や防臭剤等を使用してもその効果が全く得られないこともあります。
そんな時のニオイケアの方法のもう一つとして挙げられるのが、手術です。体臭をケアするためには、その身体の部位によっても様々な手術方法があります。その手術方法をいくつかご紹介していきましょう。

 

 

<ワキガの手術方法>
1.直視下手術法
・剪除法(せんじょほう)

 

2.非直視下手術法
・皮下組織吸引法
・超音波吸引法
・皮下組織削除法

 

<すそワキガの手術方法>
・皮下組織削除法
・超音波吸引法

 

又すそワキガにおける手術方法は、主に切開手術しかなく、その他の手術方法は確立されていません。
大きく分けると下記2つの手術が一般的です。

 

<防汗の手術方法>
・ボトックス注射
・ETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)

 

防汗の手術方法として、上記2つの方法が確立されています。主に、手のひら、足の裏、ワキ、額等に有効な手術方法として利用されています。

 

このような方法を用いて手術をすることで、ニオイのケアを行うことができます。これらの詳しい手術内容は、後程解説していきましょう。

 

 

◆手術について
@ワキガの手術
ワキガの手術は原因となるアポクリン腺をはじめエクリン腺、皮脂腺を除去することでにおいの元はもちろん、影響を与える要因にまでアプローチできるのが大きな特徴です。効果が持続するという点からも有効的で、軽い症状から重い症状まで幅広く対応できる治療と言えます。
手術にはいくつか種類があり、ドクター自身の目で部位を見ながら行う「直視下手術法」と、部位を見ずに機械を使って行う「非直視下手術法」に大きく分けられます。

 

<ワキガの手術方法>
1.直視下手術法
・剪除法(せんじょほう)

 

2.非直視下手術法
・皮下組織吸引法
・超音波吸引法
・皮下組織削除法

 

それでは細かい手術方法について解説していきましょう。

 

1.剪除法
直視下手術法の「剪除法」は、現在最も多くの病院で行われ、効果の出方が比較的安定している手術です。剪除法は、ワキの下を3〜5cmほど切開し、皮膚を裏返すと粒状に並んだアポクリン腺が現れます。その一つ一つを目で確認しながら取り除いていく方法です。アポクリン腺を確実に除去できるというメリットがある一方で、およそ片側15〜20分程度で終わります。他の手術に比べて傷跡の長さが長いというデメリットがありますので縫合技術の高い医師を選ぶ方が良いでしょう。入院の必要はありませんが、傷口が落ち着くまでガーゼ固定などが必要です。また、ワキ毛が減少するという特徴があります。

 

2.非直視下手術法
非直視下手術法は、術後の傷あとを考慮している治療法です。上記説明の通り3つの治療法があります。

 

2-1.皮下組織吸引法

 

皮下組織吸引法は、美容クリニックで行っている脂肪吸引です。ワキの下に1cmほどの穴を開け、そこから細い管を通してアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などをかき出しながら吸い取ります。小さな穴を開けるだけなので傷口は目立たなく、剪除法より広い範囲にアプローチできるというメリットがあります。しかしアポクリン腺は直視下手術よりも残ることがあり、また根の部分が残っていると再発する可能性があります。

 

2-2.超音波吸引法
皮下組織吸引法をベースにして改良された手術です。カニューレでかき取る変わりに超音波を発生させ、その熱でアポクリン腺をはじめとする汗腺を破壊しながら吸引します。皮下組織吸引法より効果が高いですが、全てのアポクリン腺を取り除くことは難しいといわれています。

 

2-3.皮下組織削除法
カミソリの刃と皮膚を押さえるローラーを組み合わせた専用器具を使うのが特徴です。ワキの下を1cmほど切開し、皮膚の表面をローラーで転がしながらカミソリ部分で皮下組織ごと削り、アポクリン腺やエクリン腺を除去します。傷口が小さいながらも高い効果を期待できますが、術後はワキを1週間程固定する必要があり、回復するまで時間がかかります。

 

 

ワキガの手術は、様々な方法があり、費用や方法も病院によって異なる上にメリットとデメリットがあります。どの手術も共通してドクターの腕と経験が効果を大きく左右するといっても過言ではないくらい重要です。手術を受ける以上、身体への負担はゼロではありません。費用も決して安いものではありません。だからこそ、その手術が症状にとって最善の方法かどうかや自分に合っているか、又信頼できるドクターかどうか等見極めるためにも、事前のカウンセリングにおいて重要なポイントになります。

 

 

Aすそワキガの手術
すそわきがを完治させたい場合は、手術も選択肢のひとつです。すそわきがの手術方法や効果、及びデメリットについて詳しくお伝えしていきましょう。すそワキガにおける手術方法は、主に切開手術しかなく、その他の手術方法は確立されていません。大きく分けると下記2つの手術が一般的です。ワキのわきがには、剪除法手術など様々な手術方法が確立されていますが、陰部のすそわきがには対応されていませんでした。すそわきがの切開手術は、近年、技術の向上により、すそわきがも手術が可能となっています。その主な方法をご紹介します。

 

<すそワキガの手術方法>
・皮下組織削除法
・超音波吸引法

 

皮下組織削除法は、皮膚を切開して、ニオイの根本であるアポクリン汗腺を切除する方法です。皮膚を数cm切開した後、専用のローラーを皮膚表面に転がして、皮膚の裏側に粒状に並んでいるアポクリン汗腺をカミソリのような器具で切除します。医師が目で見て確認しながら取り除いていきます。手術後は、1週間ほど患部を固定します。効果が高いだけでなく、傷口が小さくすむのもメリットとされています。

 

又超音波吸引法は、超音波メスで行う手術方法です。陰毛が生えているお腹の辺り左右から5mmほど切り込みを入れ、そこから超音波メスを挿入して動かしていきます。超音波により発生した熱でアポクリン汗腺を破壊し、吸引します。皮下組織削除法よりも安価なのが魅力とされています。

 

<すそワキガの手術のデメリット>
・切開によるダメージも大きい
・アポクリン汗腺を取りきれない可能性も

 

このように、せっかく手術をしてもアポクリン汗腺が取りきれなかったり、皮膚にダメージを与えてしまう場合があります。このようなことから、切開手術を勧めなかったり、行わない医院も多いようです。どうしても手術を受けたい場合は別ですが、まずは皮膚にメスを入れない治療法を検討してみてはいかがでしょうか。

 

B防汗の手術

 

<防汗の手術方法>
・ボトックス注射
・ETS(腔鏡下胸部交感神経遮断術)

 

1.ボトックス注射
ボトックス注射は、ボツリヌス療法とも呼ばれます。ボトックス注射は、メスを使わずに処置できる治療法です。手軽で手を出しやすいですが、効果は短くて3か月、長くても1年ほどしか持続しません。汗腺を衰えさせるボツリヌストキシンを多汗が気になる箇所に直接注射し、 施術時間は病院にもよりますが15分程度と短く、術後から日常生活へ戻ることができます。

 

<ボトックス注射のメリット>
・短い時間で処置が可能
・メスを不使用なため傷跡が残らない
・副作用がほとんどない

 

 

2.ETS
ETSは、手のひらの多汗症に効果がある手術法です。 働きすぎて大量に発汗する交感神経を切り取ったり焼いたりして停止させます。 汗をかく神経がなくなるので、多汗どころか汗自体がぴたっと収まります。 ETSでは、脇の下に数ミリの穴をあけ、内視鏡(カメラのついた細い管)を入れます。カメラの映像で状況を確認しつつ、交感神経の束を見つけて切断します。 手術自体は簡単で、順調にいけば30分程度で終わります。病院によっては日帰りで終わるところもあるようです。

 

<ETSのメリット>
・手術時間が短く、日帰り手術が可能
・傷口が小さく痛みが少ない

 

<ETSのデメリット>
ETSの副作用は、代償性発汗になると、手のひらからの汗がでなくなる代わりに、顔や頭など他の場所から出る汗が多くなることがあります。この代償性発汗は、96%の人に生じるとされていますが、個人差があるので気になるかならないかは手術してみないとわかりませんというデメリットがあります。

 

C手術の費用・保険は?
防臭対策やワキガ等における手術においてどのくらいの費用がかかるのでしょうか?又こうした手術自体に保険は適用となるのでしょうか?これらの基準について解説していきましょう。

 

<ワキガ手術の保険適用条件について>
・ワキガ手術を保険診療で対応している病院
・ワキガの症状がみられること
・剪除法での手術

 

保険適用となるための条件として、 まず第一にワキガ手術に保険対応している病院でないと保険適用にて手術を受けることができません。保険診療を行っているかどうかは、事前に調べることができますので、事前に確認するようにしましょう。

 

又ワキガは、ニオイの問題です。ニオイが強いかどうかは、嗅いで確認していきます。わきにガーゼを一定時間はさんで、それを医師が実際に嗅いで確認します。保険適用となるかどうかは、医師がそのニオイをわきがと判断するかどうかの診察によって決まります。 客観性を保つために、医師以外のスタッフにも確認させることがあります。ニオイを嗅げば、わきがであるかどうかは、ほぼ分かりますし、そのわきがが、保険適用のレベルに該当するかどうかが、保険適用のポイントになります。そのクリニックの医師の主観により判断されます。

 

<診断内容について>
・脇部分に黄ばみがあるか?
・日常生活に支障があるか?
・両親はワキガ体質か?
・耳垢の湿り具合はどうか?

 

こうした診断内容を判断した上で保険適用可否、そして手術の有無が決定されていきます。
手術をする際には、「剪除法」や「吸引法」「マイクロウェーブ法」等の、保険適用の手術を選べぶことで保険適用可否が決定されます。これらにも保険は適用されます。しかし、採算性の問題から、自由診療しか認めていない病院がほとんどのようです。近年では、様々な治療・手術方法が確立され剪除法を取り扱っていない保険適用外の病院やクリニックも多くみられます。ワキガの手術をする際は、保険適用かどうかを病院に問い合わせてみましょう。

 

保険が適用されるかどうかで、費用に大きな違いが出るので、この確認は重要です。自由診療のような保険適用外であれば20〜50万円で、保険適用であれば5万円程になります。

 

通常価格5,980円が、定期便なら【4,980円】

 

定期便が1回でも解約できます。つまり【必須回数制度が撤廃!】されました!!!

 

しかも、『全額永久返金保証制度』が付いて、「送料無料!」

 

公式サイトはこちら↓

 

https://cleaneo.jp/

 

 

クリアネオ楽天トップページへ

 

 

 

関連ページ

防汗剤と防臭剤
【クリアネオ】 を楽天、アマゾンより安く買う!!! 「クリアネオ クリーム(30g 02P26Mar16)」は楽天では7,000円以上です。ところで、クリアネオはどこで販売しているかご存じですか?販売先も含め、クリアネオを安く購入したい方に必見のサイトです!
手術費用は?
【クリアネオ】 を楽天、アマゾンより安く買う!!! 「クリアネオ クリーム(30g 02P26Mar16)」は楽天では7,000円以上です。ところで、クリアネオはどこで販売しているかご存じですか?販売先も含め、クリアネオを安く購入したい方に必見のサイトです!
術後にニオイが復活する?
【クリアネオ】 を楽天、アマゾンより安く買う!!! 「クリアネオ クリーム(30g 02P26Mar16)」は楽天では7,000円以上です。ところで、クリアネオはどこで販売しているかご存じですか?販売先も含め、クリアネオを安く購入したい方に必見のサイトです!